絞り込み

16635

広告

News
ニュース

ニュース一覧2266件中 81件~90件

  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 14

新たな書状発見 豊臣秀吉 切腹直前の秀次の息子を「要職に」 (NHK)

豊臣秀吉が、養子の秀次が切腹する3か月ほど前に、その息子を要職に就かせると発言していたことを示す書状が新たに見つかりました。秀吉は、実子の秀頼が生まれたことで秀次と不仲になったというのが通説ですが、調査にあたった専門家は「秀吉が簡単に秀次一...

宇宙ビジネス シニア人材をベンチャー企業に!

宇宙ビジネス分野のベンチャー企業に、JAXA=宇宙航空研究開発機構などのシニア人材を引き合わせる取り組みがこの秋から始まります。経済産業省が主導し、日本の宇宙産業の競争力強化につなげるのがねらいです。

タイ:プラごみ誤飲 ジュゴンの赤ちゃん死ぬ (毎日新聞)

タイのリボン島で、担当者から海草をもらうジュゴンの赤ちゃんのマリアム=5月、SIRACHAI ARUNRUGSTICHAI氏提供・AP共同 タイの海岸で迷子になって地元当局に保護され、人気を集めていたジュゴンの赤ちゃんが17日、死んだ。プラ...

優生社会を問う:新型出生前診断 利益大きく無認定急増 「採血だけ」手軽さうたい (毎日新聞)

学会の認定を受けず新型出生前診断(NIPT)を実施する医療機関の9割は、普段妊婦を診察することのない産婦人科以外の診療施設だった。ここ1年で急増したとみられ、「カウンセリングもなく手軽に検査できる」と利用を呼びかける。背景には「命の選別につ...

安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT (日経BP)

中国成都大学のLing Zhao氏らは、慢性の安定狭心症に対する鍼治療の影響について検討するランダム化比較試験(RCT)を行って、通常の薬物療法に加えて鍼治療を行うと、狭心症発作の頻度が低下し、疼痛を軽減すると報告した。結果はJAMA In...

咳嗽診療、どこから「本気」を出す? (日経BP)

「3日前から咳と痰? メジコンとムコダインで」 「先月から咳が続いている? じゃあシムビコートを」 「黄色い痰が多い? それではクラリスも」 プライマリ・ケア領域において咳や痰は最もコモンな主訴の1つであり、上記のようなシチュエーションは全...

学術集会で緊急討論、胃癌1次治療の最新2試験の結果を臨床にどう応用するか? (日経BP)

進行胃癌の1次治療として、TAS-118とオキサリプラチン併用療法(SOL)、およびペムブロリズマブ単剤の有用性が2つのフェーズ3試験で示された。1次治療の選択肢が増え、今後どういった患者に使っていくべきかなどの検討が進むが、この2試験の結...

延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 (日経BP)

救急外来など、重症患者の診療にあたる医師は、思わしくない予後や治療の中止などの難しい会話を患者家族としなくてはならない。しかし日本の医師の多くは、そのために必要な訓練を受けておらず、そのことが無益な延命治療を継続する一因と考える、帝京大学の...

とがった新人にナイスなおばちゃんナース (日経BP)

オペ室に来た新人君は、頭がよく仕事を覚えるのが早かった……

「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を (日経BP)

抗HIV薬の内服でHIV感染を予防できることをご存知だろうか。後述するように、欧米を中心に海外では一般的になりつつある。あと1年に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京2020)に向けて、これから訪日外国人が増加する。...

  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 14