絞り込み

16640

広告

ニホンザル 餌を得るため2匹が協力 初めて確認か 阪大が実験 (NHK)

2匹のニホンザルが餌を獲得するために互いに協力して行動できることを大阪大学の研究グループが実験で確認し、ニホンザルの新たな側面として注目されています。 実験を進...

  1. 見つめる目 (日経BP)
  2. 片頭痛の考え方と漢方処方 (日経BP)
  3. 授乳婦にゾフルーザを投与しても大丈夫か?...
  4. 祝連載200回! 幸井俊高の「漢方薬 d...

ニュース一覧

Lack of effect of caffeine post-treatment on X-ray-induced chromosomal aberrations in Werner's syndrome lymphoblastoid cell lines: a preliminary report.

著者 Franchitto A , Proietti De Santis L , Pichierri P , Mosesso P , Palitti F
Int J Radiat Biol.1999 Nov ; 75(11):1349-55.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

Università degli Studi della Tuscia-DABAC, Dipartimento di Agrobiologia ed Agrochimica, Viterbo, Italy.

スターを付ける スターを付ける     (90view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Miscellaneous

To investigate whether in Werner's syndrome cells the G2 phase of the cell cycle has some abnormal response to post-treatment with agents such as caffeine and hydroxyurea known to interfere with cellular response to DNA damage.
PMID: 10597909 [PubMed - indexed for MEDLINE]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード