絞り込み

16641

広告

めおと漫才 宮川花子さん 多発性骨髄腫を公表 (NHK)

めおと漫才の人気コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さんが11日、血液のがんの一種、多発性骨髄腫であることを公表しました。 宮川花子さんは、ことし6月から体調不良...

  1. ノーベル化学賞受賞の吉野さん 母校にメッ...
  2. 乳幼児編が加わった「抗微生物薬適正使用の...
  3. 【オススメ】バンクーバー、ダウンタウン観...
  4. 【書評】そう、人の意見は変えられないのだ...

ニュース一覧

Functional outcome and complications following PHILOS plate fixation in proximal humeral fractures.

著者 Geiger EV , Maier M , Kelm A , Wutzler S , Seebach C , Marzi I この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

Department of Trauma, Hand and Reconstructive Surgery, Johann Wolfgang Goethe-University Frankfurt/Main, Germany. Emanuel.Geiger@kgu.de

スターを付ける スターを付ける     (44view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Proximal humeral fractures account for approximately 5% of all fractures. New plating techniques have been developed to improve stability. The purpose of this study was to evaluate functional outcome following plate fixation with the Proximal Humeral Internal Locking System (PHILOS) and to analyze potential implant-related complications.
PMID: 20513984 [PubMed - indexed for MEDLINE]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード