絞り込み

16645

広告

新型ウイルス肺炎 死者4人に WHOが緊急会合へ (NHK)

中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎への感染が広がっている問題で、中国当局は新たに1人が死亡したと発表し、死者は4人となりました。 WHO=世界保...

  1. 政府 新型コロナウイルスへの対応方針を決...
  2. 調達情報 ホームレス就業支援事業(公募)...
  3. [医学] 鼻の化学受容上皮細胞・刷毛細胞...
  4. アウトカム (日経BP)

ニュース一覧

Centrally acting drug moxonidine decreases reactive oxygen species via inactivation of the phosphoinositide-3 kinase signaling in the rostral ventrolateral medulla in hypertensive rats.

著者 Wang YK , Yu Q , Tan X , Wu ZT , Zhang RW , Yang YH , Yuan WJ , Hu QK , Wang WZ
J Hypertens.2016 Feb 17 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (4view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Miscellaneous

Centrally acting antihypertensive action of moxonidine is a result of activation of Imidazoline-1 receptor (I1R) in the rostral ventrolateral medulla (RVLM). Hypertension shows an increase in reactive oxygen species (ROS) in the RVLM. The present objective was to determine the phosphoinositide-3 kinase (PI3K) signaling pathway involved in the effect of moxonidine on ROS generation in the RVLM of spontaneously hypertensive rat (SHR).
PMID: 26886567 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード