絞り込み

16646

広告

除染廃棄物の焼却灰 容積減らす新施設完成

福島県内の除染廃棄物を燃やして出る、汚染の程度が高い灰の容積を減らすための新しい施設が、福島第一原発の周辺にある中間貯蔵施設の用地に完成しました。

  1. 新型コロナウイルスに関連した患者の発生に...
  2. コウノトリ5年連続産卵か (デイリースポ...
  3. 音楽教室での著作権料めぐる裁判 あす判決...
  4. 新型ウイルス かかりつけ医が症状の特徴学...

ニュース一覧

Power calculations and placebo effect for future clinical trials in progressive supranuclear palsy.

著者 Stamelou M , Schöpe J , Wagenpfeil S , Del Ser T , Bang J , Lobach IY , Luong P , Respondek G , Oertel WH , Boxer A , Höglinger GU ,
Mov Disord.2016 Mar 7 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (9view , 0users)

Full Text Sources

Medical

Miscellaneous

Two recent randomized, placebo-controlled trials of putative disease-modifying agents (davunetide, tideglusib) in progressive supranuclear palsy (PSP) failed to show efficacy, but generated data relevant for future trials.
PMID: 26948290 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード