絞り込み

16636

広告

新種の光るクモヒトデ発見…中部大チーム、海底洞窟で (読売新聞)

オーストラリアのクリスマス島の海底洞窟で、新種の光るクモヒトデを発見したと、中部大の大場裕一教授(発光生物学)らの研究チームが発表した。シンガポールの学術誌に論...

  1. 眠れる鉱物標本、最新技術で脚光 京大「比...
  2. [企業] テレビ広告に薬価を表示させるの...
  3. [企業] Lilly 馴染みのInnov...
  4. ロシアの船舶型原発、北部の港で稼働へ 輸...

ニュース一覧

A near-infrared I emissive dye: toward the application of saturable absorber and multiphoton fluorescence microscopy in the deep-tissue imaging window.

著者 Ren C , Deng X , Hu W , Li J , Miao X , Xiao S , Liu H , Fan Q , Wang K , He T
Chem Commun (Camb).2019 Apr 10 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (25view , 0users)

Full Text Sources

A boron-dipyrromethene (BODIPY) dye emitting in the near-infrared (NIR) I region (723 nm) exhibits strong saturable absorption at 680 nm. Its multiphoton absorption spectra in the NIR II and III regions are determined. Three-photon fluorescence imaging of the BODIPY-labeled cells excited at 1665 nm is also demonstrated.
PMID: 30968905 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード