絞り込み

16646

広告

除染廃棄物の焼却灰 容積減らす新施設完成

福島県内の除染廃棄物を燃やして出る、汚染の程度が高い灰の容積を減らすための新しい施設が、福島第一原発の周辺にある中間貯蔵施設の用地に完成しました。

  1. 新型コロナウイルスに関連した患者の発生に...
  2. コウノトリ5年連続産卵か (デイリースポ...
  3. 音楽教室での著作権料めぐる裁判 あす判決...
  4. 新型ウイルス かかりつけ医が症状の特徴学...

ニュース一覧

Susceptibility-Weighted MR Imaging Hypointense Rim in Progressive Multifocal Leukoencephalopathy: The End Point of Neuroinflammation and a Potential Outcome Predictor.

著者 Thurnher MM , Boban J , Rieger A , Gelpi E
AJNR Am J Neuroradiol.2019 May 23 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (2view , 0users)

Full Text Sources

Progressive multifocal leukoencephalopathy (PML) represents a life-threatening demyelinating disorder of the brain caused by reactivation of a rare opportunistic infection with JC . The aims of this study were to describe the incidence of a susceptibility-weighted imaging hypointense rim in patients with multifocal leukoencephalopathy and to explore the histologic correlates and prognostic value of the rim with regard to the clinical outcome.
PMID: 31122919 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード