絞り込み

16645

広告

新型肺炎 空港や港の検疫所でもウイルス検査実施へ 厚労省

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、厚生労働省は感染者をより早期に発見するため、空港や港にある検疫所でもウイルス検査を実施していくことになりました。...

  1. 「クイーン」のブライアン・メイさん 京都...
  2. 新型肺炎「指定感染症」に きょう閣議決定...
  3. ルマテペロンは統合失調症の症状を軽減 (...
  4. 「嘔吐後の肺炎=誤嚥性肺炎」ではない! ...

ニュース一覧

The histological assessment of liver fibrosis in grafts from extended criteria donors predicts the outcome after liver transplantation: A retrospective study.

著者 D'Errico A , Riefolo M , Serenari M , De Pace V , Santandrea G , Monica M , de Cillia C , Ravaioli M , Cescon M , Vasuri F ,
Dig Liver Dis.2019 May 30 ; ():.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (3view , 0users)

Full Text Sources

The use of extended criteria donors (ECD) in liver transplantation is increasing due to the organ shortage. Histological evaluation of the liver graft in the context of procurement is an important tool for extending the donor pool without affecting the quality of the transplanted organs. Macrovesicular steatosis is widely accepted as predictor of early allograft dysfunction (EAD), while other features, such as portal fibrosis, are poorly studied.
PMID: 31155489 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード