絞り込み

17394

広告

腸内ウイルス由来の酵素で原因菌を破壊 大阪市大と東大の研究チーム (毎日新聞)

[PR] 腸内細菌のウイルス感染状況を網羅的に調べることで、偽膜性腸炎の原因菌を破壊する抗菌物質を見つけ出す方法を開発したと、大阪市大と東京大の研究チームが発表...

  1. アビガン、有効性判断できず 藤田医大が臨...
  2. 「療養状況等及び入院患者受入病床数等に関...
  3. SBをスタンドで応援する犬型ロボット そ...
  4. 接触確認アプリ(COCOA)に陽性者とし...

ニュース一覧

Current Status of Helicobacter pylori Diagnosis and Eradication Therapy in Japan Using a Nationwide Database.

著者 Deguchi H , Uda A , Murakami K
Digestion.2019 Jun 19 ; ():1-9.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (103view , 0users)

Full Text Sources

Miscellaneous

Other Literature Sources

Helicobacter pylori infection increases the risk of stomach cancer; therefore, eradication therapy is recommended for infected individuals. Although several methods are recommended for the diagnosis and therapy of H. pylori infection, their frequency and effectiveness have not been fully investigated in Japan.
PMID: 31216549 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード