絞り込み

16645

広告

新型肺炎 空港や港の検疫所でもウイルス検査実施へ 厚労省

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、厚生労働省は感染者をより早期に発見するため、空港や港にある検疫所でもウイルス検査を実施していくことになりました。...

  1. 「クイーン」のブライアン・メイさん 京都...
  2. 新型肺炎「指定感染症」に きょう閣議決定...
  3. ルマテペロンは統合失調症の症状を軽減 (...
  4. 「嘔吐後の肺炎=誤嚥性肺炎」ではない! ...

ニュース一覧

A comparison of pegged vs. keeled glenoid components regarding functional and radiographic outcomes in anatomic total shoulder arthroplasty: a systematic review and meta-analysis.

著者 Welsher A , Gohal C , Madden K , Miller B , Bedi A , Alolabi B , Khan M
JSES Open Access.2019 Oct ; 3(3):136-144.e1.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (3view , 0users)

Full Text Sources

Miscellaneous

The number of total shoulder arthroplasties (TSAs) performed is increasing annually, with a continued effort to improve outcomes using new techniques and materials. In anatomic TSAs, the main options for glenoid fixation currently involve keeled or pegged components. The aim of this review was to determine which fixation option provides optimal long-term functional outcomes with decreased rates of revision surgery and radiolucency.
PMID: 31709353 [PubMed]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード