絞り込み

16645

広告

新型肺炎 空港や港の検疫所でもウイルス検査実施へ 厚労省

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、厚生労働省は感染者をより早期に発見するため、空港や港にある検疫所でもウイルス検査を実施していくことになりました。...

  1. 「クイーン」のブライアン・メイさん 京都...
  2. 新型肺炎「指定感染症」に きょう閣議決定...
  3. ルマテペロンは統合失調症の症状を軽減 (...
  4. 「嘔吐後の肺炎=誤嚥性肺炎」ではない! ...

ニュース一覧

Evaluation of Waning Immunity at 6 Months after Both Trivalent and Quadrivalent Influenza Vaccination in Korean Children Aged 6-35 Months.

著者 Lee JH , Cho HK , Kim KH , Lee J , Kim YJ , Eun BW , Kim NH , Kim DH , Jo DS , Kim HM , Kim YK
J Korean Med Sci.2019 Dec 02 ; 34(46):e279.
この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (5view , 0users)

Full Text Sources

The titer of influenza vaccine-induced antibodies declines over time, and younger children have lower immunogenicity and shorter duration of immunity. This study aimed to compare persistence of antibody at 6 months after influenza vaccination according to influenza virus strains, vaccine type, antigen dose, and primed status in children aged 6 to 35 months.
PMID: 31779056 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード