絞り込み

16646

広告

除染廃棄物の焼却灰 容積減らす新施設完成

福島県内の除染廃棄物を燃やして出る、汚染の程度が高い灰の容積を減らすための新しい施設が、福島第一原発の周辺にある中間貯蔵施設の用地に完成しました。

  1. 新型コロナウイルスに関連した患者の発生に...
  2. コウノトリ5年連続産卵か (デイリースポ...
  3. 音楽教室での著作権料めぐる裁判 あす判決...
  4. 新型ウイルス かかりつけ医が症状の特徴学...

ニュース一覧

Anti-IGLON5 disease: A new case without neuropathologic evidence of brainstem tauopathy.

著者 Erro ME , Sabater L , Martínez L , Herrera M , Ostolaza A , García de Gurtubay I , Tuñón T , Graus F , Gelpi E この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (1view , 0users)

Full Text Sources

To describe the neuropathologic features and the molecular data of phosphorylated tau (pTau) in a new case of anti-IgLON5 disease.
PMID: 31826985 [PubMed - in process]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード