絞り込み

16646

広告

除染廃棄物の焼却灰 容積減らす新施設完成

福島県内の除染廃棄物を燃やして出る、汚染の程度が高い灰の容積を減らすための新しい施設が、福島第一原発の周辺にある中間貯蔵施設の用地に完成しました。

  1. 新型コロナウイルスに関連した患者の発生に...
  2. コウノトリ5年連続産卵か (デイリースポ...
  3. 音楽教室での著作権料めぐる裁判 あす判決...
  4. 新型ウイルス かかりつけ医が症状の特徴学...

ニュース一覧

Allogeneic hemopoietic stem cell transplants in patients with acute myeloid leukemia (AML) prepared with Busulfan Fludarabine (BUFLU) or Thiotepa Busulfan Fludarabine (TBF): a retrospective study.

著者 Sora F , Grazia CD , Chiusolo P , Raiola AM , Bregante S , Mordini N , Olivieri A , Iori AP , Patriarca F , Grisariu S , Terruzzi E , Rambaldi A , Sica S , Bruno B , Angelucci E , Bacigalupo A この記事をPubMed上で見るPubMedで表示
この記事をGoogle翻訳上で見る Google翻訳で開く

スターを付ける スターを付ける     (1view , 0users)

Full Text Sources

This is a multicenter retrospective comparison of two myeloablative conditioning regimens in 454 patients with acute myeloid leukemia (AML) in remission: busulfan (4 days) and fludarabine (BUFLU) versus thiotepa, busulfan and fludarabine(TBF).
PMID: 31875522 [PubMed - as supplied by publisher]
印刷用ページを開く Endnote用テキストダウンロード