絞り込み

16603

広告

News
ニュース

ニュース一覧2150件中 81件~90件

  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 14

人体の神秘? (日経BP)

なぜ?いったいどこから?人体はワンダーランド!

教師も外科医も実践する「責任のシェア」とは (日経BP)

1クラスを1人の担任教師が担当する固定担任制を廃止した――。先日テレビを見ていたら、東京都内の公立中学校のそんな取り組みが紹介されていた。1学級を1人の教師が受け持つ固定担任制を廃止し、教師全員がチームを組んで全生徒を見る「全員担任制」を実...

英国の脳卒中発症率、死亡率、致死率の変化 (日経BP)

イングランドの20歳以上の住民のほぼ全てを対象として、2001年から2010年までの脳卒中死亡率、発症率、発症から30日以内の致死率の変化を、男女別、年代別に分析した英国Oxford大学のOlena O Seminog氏らは、全体に死亡率は...

過去とは状況が異なる現在のエボラ大流行 (日経BP)

コンゴ民主共和国でエボラの大流行が続いている。2014年から2016年にかけて西アフリカで1万1000人以上が亡くなった過去最悪の流行に続く、史上2番目の規模の流行となっているという。コンゴのシニア・メディカル・アドバイザーを務めるカシンス...

さらに新機能が搭載!インスリンポンプの進化形 (日経BP)

インスリンポンプを製造する会社はいくつかあるが、2017年にAnimas社が倒産して以降、競合している最大手といえばTandem社とMedtronic社の2社だろう。 Medtronic社は、業界初の「クローズド・ループ・システム」※1を開...

なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか (日経BP)

人工呼吸器や血液透析による生命維持治療について、導入の「差し控え」と、いったん開始した治療の「中止」との間には、どのような違いがあるのか。差し控えには寛容だが、中断には強い抵抗がある風潮は、なぜ生じるのか――。大阪市総合医療センター緩和ケア...

「核のごみ」最終処分で国際会議設置でも合意 10月中旬にパリで初会合 G20会合閉幕 (毎日新聞)

[PR] 長野県軽井沢町で開かれていた主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合は16日、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分を巡り各国の連携強化を図る国際会議の設置でも合意した。日本が提案し...

手足の形成には「酸素」が欠かせない、東工大などの研究 (財経新聞)

動物の中には、手足に水かきを持つものと持たないものがいる。遡れば水かきがある生物の方が先で、水かきのない生物の方が後から生まれた。水かきのない手足の形成には「指間細胞死(しかんさいぼうし)」というプロセスが関わっているのだが、このプロセスに...

人工知能は人間を代替しない! AI兵器への赤十字の提言 責任を負うのは誰か (財経新聞)

機械の操作にあたって、人工知能(AI)による制御が利用されるのは、目新しいことではなくなっている。すでに金融業では株式取引やFXにAIによる分析と売買を導入し始めているし、製造業では生産ラインの制御に現場から吸い上げたデータを使い、リアルタ...

紫色の新鉱物、「アルミノ杉石」を発見 山口大学 (大学ジャーナル/a>)

山口大学大学院創成科学研究科の永嶌真理子准教授らのグループが、イタリアのCerchiara鉱山から新鉱物を発見した。 この鉱物は2019年4月8日、国際鉱物学連合(International Mineralogical Associatio...

  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9
  6. 10
  7. 11
  8. 12
  9. 13
  10. 14