絞り込み

16610

広告

「現役女子高生 ピル飲んでます」誤解解いて ツイートに反響 (NHK)

女性の生理の痛みなどを和らげる治療薬としての低用量ピル。しかし避妊目的のイメージが強く、生理痛の治療に使うことが知られていないため、つらい思いをしたと訴える女子...

  1. ペンギンたちが大集合 (日経BP)
  2. [医学] 32の抗精神病薬の統合失調症治...
  3. 薬局で妊産婦の薬の一元的・継続的な把握を...
  4. 薬を交付した薬局薬剤師の言い分 (日経B...

ニュース一覧

News
ニュース

ニュース一覧2307件中 11件~20件

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

進行大腸癌に対する実臨床での薬剤選択の考え方とは (日経BP)

今年1月に発刊された「大腸癌治療ガイドライン医師用2019年版」では、薬物療法、外科治療、内視鏡治療など全ての領域で改訂が行われた。薬物療法では2016年版に続く改訂となる。 最新のガイドラインにおける薬物療法の基本的な考え方、実臨床で判断...

経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 (日経BP)

便秘の病態や成因について、前回のコラムでは「乙女便秘」や「フレイル便秘」などの造語を用いながら整理した。今回は、腹部X線で便秘の程度を評価しながら、腸管の走行が追えるほど便が停滞し、腸も拡張している「鋳型便秘」(これも筆者の造語である)につ...

「○○は否定できない」では患者は救われない (日経BP)

患者の紹介を受ける機会の多い医師は、いきおい他の医師の診療の様子や医師患者関係も垣間見ることになる。不明熱や不定愁訴の患者の紹介を多く受け、今年5月には不定愁訴で悩む患者の姿を小説形式で描いた『仮病の見抜き方』(金原出版)を出版した医療法人...

PCI後の抗血小板薬2剤併用は1カ月に短縮可能 (日経BP)

薬剤溶出ステント留置後の抗血小板薬2剤併用(DAPT)の最適な継続期間については、いまだに議論がある。京都大学の渡部宏俊氏らは、エベロリムス溶出性コバルトクロムステントの留置を受けた日本人患者を、DAPT1カ月+クロピドグレル単剤投与、また...

今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由 【書評・まとめ】 人を依存させるテクノロジー - 「好き」をブチ抜く

記事の内容 今回は、「今すぐソーシャルメディアのアカウントを削除すべき10の理由」という本を紹介する。 この本の著者はこう呼びかける。 「猫」のようになれるか? 彼らは人と暮らすようになってからも、その主導権を失ってはいない。あの勝手気儘な...

猫はなぜ人間と暮らすのか? 日本と中国、どっちから来た?(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

今では家族の一員として迎えられている猫だが、もともとは野生の動物。どのように人間と出会い、一緒に暮らすようになったのか。また、日本にはいつ頃からいるのか──今回は、猫と人間の歴史をひもとく。 【別写真】古墳群から発見された猫の足跡つき須恵器...

パンダの顔、AIで識別…中国スマホアプリ開発 (読売新聞)

公開予定のアプリでは、パンダの顔をスキャンすると、名前や年齢、性別などの情報が表示される(研究に協力する中国企業の微博公式アカウントより) 【上海=吉永亜希子】中国・四川省にある「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」が、ジャイアントパンダの...

なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク... (HARBOR BUSINESS Online)

小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した、小惑星リュウグウへの2回目の着地から4秒後の画像。画像右側が探査機本体で、舞い上がっているのはリュウグウの砂や石 (C) JAXA 難易度が高かった2回目の着陸に成功した「はやぶさ2」 宇宙航空研究開発...

インド無人月探査機、技術的障害で打ち上げ延期 (読売新聞)

【ニューデリー=小峰翔】インド宇宙研究機関(ISRO)は15日、無人月探査機「チャンドラヤーン2号」の打ち上げを延期すると発表した。システムに技術的な障害が見つかったためという。 無断転載禁止 twitter facebook line m...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10